2017年11月17日












「酵素と香りが生きている!」
高知最終日は安芸市の無農薬ゆず農家さんの

小松商店さんのしぶきさんに会いに。

そして3年越しに叶った柚子山見学‼︎

最初は初心者コースねと告げられ
後ろを付いて行くと
いきなり急斜面。

本当にここ登るんですか?
と叫びそうになるくらい道がない。

しぶきさんのおばあちゃんは
83歳までシャンシャンと登ってたそう。
30分くらい登った山上には
7段に柚子畑が広がっていて、

まだ完熟はしていなかったけど
かおりが漂っていた。

樹齢が古い木にはオレンジ色苔が
付いていてもふもふしてる。

畑の右脇には川が流れているから
音が心地良かった。

チャレンジコースも行ってみる?

山のてっぺんにある柚子山だよ。
としぶきさん。

えい。
登っちゃおう。

転げてもそん時はそん時。

山の上からの景色がどんなか見てみたくて、

足ガクガクしながら
必死について行きました。

お天道様がよくあたって気持ち良い畑。
山の上で
採ったばかりの柚子玉を
お手製の木型の絞り機で絞ってる。
だからしぶきさんから届く
勘助(柚子の酢)は
酵素と香りが生きているだなぁ。

瓶に詰めてもずっと呼吸してるんだなぁと。
改めて大事に使おうと思った。
帰りは安芸から近い
奈半利にあるさおりんのお店
「甘音」で
ケーキを買って

田野町の塩二郎さんの所へ茶々丸に会いに‼︎
そう。
塩も呼吸してるって塩二郎さんも話してた。
しぶきさん、
お忙しい中、
案内本当にありがとうございました。

来年はお手伝いしたいです♬